京都“北野天満宮”大鳥居横のポルトガル菓子店 カステラ ド パウロ

カステラ

カステラ

魂を込めて焼き上げた
パウロのカステラ

「パウロのカステラ」は、1996年長崎の老舗・松翁軒(1681年創業)で外国人として初めてカステラの製造技術をマスターしたパウロ・ドゥアルテが毎日、素材の状態にこだわり、窯にこだわり、温度にこだわりぬいて焼き上げる、当店オーナーシェフの魂がこもった逸品です。

江戸時代に5つの味(全ての味)を凌駕するほどおいしい、と称された「五三焼きカステラ」のようにまろやかで豊かな味わい、弾力性のある黄金色のボディは、カステラの故郷ポルトガルの感性と、日本の技術を合わせ持つ、オーナーシェフの妥協をゆるさない菓子作りの姿勢が生んだ賜物といえます。

「パウロの特上カステラ」は、京都美山町の平飼いたまご『美卵(みらん)』を使用しています。その濃厚で奥深い風味は、極上の素材で焼き上げたワンランク上のカステラです。当店自慢のカステラの味を、ぜひ食べ比べてみてください。

パウロのカステラについて

< 前のページ
次のページ >
3件 [ 1-3 ]

パウロのカステラについて

オーナーシェフ パウロ・ドゥアルテが
魂を込めて焼き上げたカステラ

「パウロのカステラ」は、1996年長崎の老舗・松翁軒(1681年創業)で外国人として初めてカステラの製造技術をマスターしたパウロ・ドゥアルテが毎日、素材の状態にこだわり、窯にこだわり、温度にこだわりぬいて焼き上げる、当店オーナーシェフの魂がこもった逸品です。

パウロ・ドゥアルテは、こう言います。

「ポルトガルにカステラを里帰りさせて日本へやってきたのだから、敢えてカステラで勝負したい。誰にも負けない自分自身が納得できる、最高のカステラを焼き続けたい!」

五三焼きカステラのように まろやかで豊かな味わい

江戸時代に5つの味(全ての味)を凌駕するほどおいしい、と称された「五三焼きカステラ」のようにまろやかで豊かな味わい、弾力性のある黄金色のボディは、カステラの故郷ポルトガルの感性と、日本の技術を合わせ持つ、オーナーシェフの妥協をゆるさない菓子作りの姿勢が生んだ賜物といえます。

「ポルトガル人シェフ パウロ・ドゥアルテのカステラは、1543年種子島にポルトガル人漂着以来の歴史と文化の味の集大成です。

パウロのカステラを、もっと見る

おすすめ商品