アマランテセット/恋を叶えて!ミーニョ地方の伝統菓子「パォンデロー」と「カヴァカシュ」

1,900円(税込)

購入数
  • 手提げ袋

北部ミーニョ地方の伝統菓子
パォンデローとカヴァカシュ
Pão de ló e Cavacash do Minho

ポルトガル北部ミーニョ地方を代表する伝統菓子を組み合わせました。
カステラのルーツとされる「パォンデロー」と「カヴァカシュ」に共通することは、身近にある材料(卵、砂糖、小麦粉だけ)で作られるということ。そして洗礼式、結婚式、イースター、クリスマスなどのキリスト教の祭日など、家族にとっての大切な行事には必ず登場します。500年近くミーニョ地方の人々に愛し親しまれているお菓子を、お好きな飲み物と一緒に味わってみて下さい。



素朴な味わいのミーニョ地方のパォンデロー
1/4サイズ

ミーニョ地方のパォンデロー4分の1サイズ
豪快に手でちぎって食べるのがポルトガルスタイル
※お皿は含まれません。
大きく丸い素焼きの型に紙を敷き蓋をして焼く、完全に火を通したタイプのポルトガル北部 ミーニョ地方のパォンデロー。羊の熟成チーズやカマンベールと共に、ポートワインやマデイラワインと一緒に至福のひと時を!

ホールサイズの4分の1の大きさです。ミーニョ地方のパォンデローをまず試してみたい!お客様に、お買い求め頂き易いサイズに致しました。
ミーニョ地方のパォンデローについてはこちら

名称
ミーニョ地方のパォンデロー
原材料名
卵、砂糖、国産小麦粉、ポルトガル産塩
内容量
約600g(1個当り )
箱サイズ
縦23cm 横23cm 高さ8.5cm
賞味期限
7日間
保存方法
高温多湿を避けて、冷暗所にて保存してください。
発送方法
ゆうパック 常温便
発送日
営業日


「外はカリッ、中はふんわり」
京小麦と平飼いたまご『美卵』で焼き上げたカヴァカシュ


京小麦と平飼いたまご『美卵』で焼き上げた/カヴァカシュ(10枚入り)
※お皿は含まれません。
カヴァカシュとは、ポルトガルで作られるボーロのこと。パォンデローの生地を丸状に落として焼き、砂糖の衣で覆った小さなお菓子です。強いグルテンが特性の『京小麦』を使用することで「外はカリッ、中はふんわり」。新しい食感が心地よいカヴァカシュが誕生しました。どこか懐かしい味わいを引き立ててくれるのは、平飼い(ひらがい)で育てられた京都美山の鶏が産んだたまご『美卵(みらん)。ひとくち口に入れると、優しいたまごの風味が広がります。

カヴァカシュはコーヒーや紅茶はもちろん、日本茶にもよく合います。ポルトガルではポートワインと合わせることもよくあります。また、柔らかな羊乳のチーズをカヴァカシュでサンドするのもおススメ。
カヴァカシュについてはこちら


paulo

シェフ・パウロの想い
Cavacas

カヴァカシュは、ポルトガル北部ミーニョ地方で作られる伝統菓子です。
そんなカヴァカシュを、古くからポルトガルにゆかりのある京都で、京都産の食材にこだわって作りました。カステラのルーツとされるパォンデローと同じ生地から生まれたカヴァカシュは、きっと日本の方にも親しんでいただけるでしょう。


名称
カヴァカシュ 10枚入り(個包装)
原材料名
美山卵、砂糖、京都産小麦粉、国産レモン、シナモンパウダー
内容量
約170g
箱サイズ
縦29cm 横17cm 高さ6cm
賞味期限
15日間
エネルギー
340kcal(100g当たり)
タンパク質7.0g、脂質8.2g、炭水化物61.6g、塩分0.06g
保存方法
高温多湿を避けて、開封後はお早めにお召し上がりください。
発送方法
ゆうパック 常温便
発送日
営業日


シェフ・パウロ


“縁結びの神様”の教会がある
美しい街アマランテ

サンゴンサーロ教会/撮影 : amaianos
サンゴンサーロ教会/撮影:amaianos
ポルトガル北部の都市アマランテは、街の中心を流れるタメガ川とその上にかかる石造の橋が有名です。縁結びで知られる守護聖人ゴンサーロを祭るサンゴンサーロ教会があり、毎年1月と6月にはサン・ゴンサーロ祭が催されます。良縁に巡り会えるようにと各地から独身女性や観光客が訪れるお祭りです。

周辺の景色が調和した、どこか京都の嵐山を思わせる小さな美しい街アマランテ。まるで絵画のような景色が広がり、山に囲まれ川が流れる自然豊かなこの街には、時間がゆったりと流れています。美味しいヴィーニョ・ヴェルデ(緑のワイン)の産地でもあり、週末には近郊から多くの観光客が訪れ、どのカフェやパステラリア(菓子店)でも、伝統菓子を味わうことが出来ます。


漫画家・随筆家の
ヤマザキマリさんもお気に入り


tomoko

リスボン時代のカステラ ド パウロによく足を運んでくださったヤマザキマリさんも、ポルトガルの味を懐かしんで、弊社のポルトガル菓子をご購入くださっています。
なかでもお気に入りなのがカヴァカシュ。店頭販売のみだったのが、オンラインでも購入できるようになったことをお知らせすると、喜んでくださいました。




こちらもおすすめ!
ポルトガルの北ミーニョ地方に伝わる
恋人達のハンカチーフ

恋人達のハンカチーフ
ポルトガルの手仕事 恋するハンカチーフ
ポルトガルの北ミーニョ地方に伝わる「恋人達のハンカチーフ」は、昔から伝わるフレーズや愛の詩をポルトガル女性が一針一針刺し、ハートや小鳥・花々など模様で飾った、カラフルでとても愛らしいハンカチーフです。モチーフにはそれぞれ意味があり、ハトは恋人の優しさ、ハートと鍵は心を開くもの、などを意味します。

この愛の詩をハンカチーフに刺繍した習慣は17世紀から18世紀に始まります。年頃になった娘たちは恋心を抱いている相手を想いながら、その気持ちを針と糸に込めました。恋文をハンカチーフに刺繍して、そっと好きな相手に渡したのです。昔のことですので、たいていの場合はその愛の詩を刺繍したハンカチーフを渡した相手と結婚し幸せな人生を送ったそうです。
恋人達のハンカチーフについてはこちら


オリジナルギフトボックスをご用意しています

そのまま贈答用にお使いいただけるように、アズレージョ柄のオリジナルギフトボックスをご用意しています。
オリジナルギフトボックス
オリジナルギフトボックス